「やってる感を消す!?」身体のトリセツ

稲沢市祖父江町のBodyDesignProjectの戸川です。

今週は大学野球部の練習帯同で朝から夕方までグラウンドに缶詰め状態です。
非常に寒い環境ではあるのですが、有意義な時間を選手たちと過ごせています。

野球のパフォーマンスを上げる要素として、トレーニング以外の要素を選手たちにも伝授しています。

それが身体のトリセツ。

プランクやブリッジ、逆立ちも・・・全てに共通して言えるのは、力んで行えば身体は弱くなるという事・・・それを今日は選手に実体験してもらいました。

選手たちも・・・

「正解が分からない。」

「実感がない。」

「でも、強くなる・・・。」

「どういうことですか?」

そんな声を頂きました。

僕が指導する中で、いかに力感をなくして動きを遂行できるのか?を指導しています。
力感を感じているのであれば、それは筋肉に感覚・エネルギーを奪われいる事になります。
多くの場合、この力感は余分な緊張として身体に現れてくれます。
これこそ、身体の感覚にとって手掛かりとなる反応です。

実感や力感を追い求めれば、身体の緊張感は増し、身体は必要以上の筋肉を使い始めることでスムーズな動きが出来なくなってしまいます。

何故なら、身体の至る所を合理的に使うことが出来なくなってしまうからです。
合理的に使えない身体では、結果パフォーマンスを下げることになってしまうのです。

パフォーマンスを上げる為にも、まず知ってほしい事・・・
それは、身体の内面だけに意識を向けても気づけない時は、当たり前を疑う(省みる)発想を持ってみてください。

僕は身体のトリセツの中で必ず説明する3つのエネルギー視点があります。

  1. 筋力
  2. 重力
  3. 反力

上記の当たり前を必ずクライアントさんにお伝えしています。

筋力は自分自身の中で発生するエネルギーです。
重力と反力は、今いる地球上であれば当たり前に加わっているエネルギーになります。

身体のトリセツではこの重力と反力という前提条件の存在に身体感覚で気づく必要があるわけです。
もう一度言います。
身体感覚で知る必要があるという事です。

理学療法, 重量の訓練, ダンベル, エクササイズ ボール, 重量の損失

例えば2Kgのダンベルがあります。
2KGという表示を目で見れば、2Kgと分かりますが、あくまで目視です。
本当に2Kgなのか?という事は2Kgの重さを持ってみて初めて理解するとになるわけです。
これこそ、体験です。

しかし大事なポイントがあります。

2Kgを持つことができたその場面では、重力と反力の存在があるから2Kgの重さに気づかせてもらえたわけです。2Kgを持つことが出来たのは何も筋力だけで成し遂げているわけではないという事になります。

筋力と重力、そして反力。
この3つが存在している事で2Kgを持つ仕事を成し遂げることができたという事です。

聞くだけ(聴覚)や見るだけ(視覚)では決して知ることのできない、身体で触れて感じる(触覚)ことにも意識を向ける必要があります。

今回はダンベルを例に出しましたが、忘れないでください。
何も持っていないノーマルの身体にも重力と反力は常に身体に加わっているという事を。

重力と反力とケンカしない、そして筋力でない世界。
無重力感覚(軽い身体)をいかにして作るか?

そんな事を、様々な身体ワークを通じて、選手たちにシェアしてきました。

プランク30秒余裕で出来たから、体幹が強い??!!

違います、プランク30秒出来るスタミナがあるだけです。
芯の通った強さを手に入れる身体のトリセツは、やってる感・実感が薄い感覚になります。

そんな身体のトリセツ体験をしてみたい方は、月曜日の18時30分~開催しています、賢芯塾にお越しください無料体験できます。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせには便利なLINEを是非ご利用ください。

友だち追加

友達追加はコチラをクリック👇
https://lin.ee/gHiTIaP

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。