意外な視点が動きを変え、使い方を変える(身体の取説)

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラから👇
https://body-design-project.com/profile/

姿勢教室で面白い質問を受けました。

「先生!過去の事なんですけど、指が痛くて腱鞘炎になってしまうのって、何か良い改善方法ありませんか?」

突然の質問でした!
こういった具体的な質問が降りてくると、僕の脳内にある中の引き出しが動き始めて嬉しい限りです。

腱鞘炎と言えば、手首と親指の境目で良く起こる障害です。
なった人は分かりますが、非常に痛いのです。詳しい説明は割愛しますね。
※因みに僕も経験済み(笑)

質問にあります、どういう改善策が考えられるか?ですが、よく言われるのはストレッチですね。
勿論大切です。

ただ、僕が今回アプローチしたのは、そもそも指先を動かさない様にして親指を曲げる事が出来ますか?というワークを行いました。

これも身体原理を利用した、プログラムになるのですが、正直地味です。
地味なのですが、変化を自分自身で認識できるほど感覚は絶大に変わります。
面白いです。

単純に言うと

  • 柔軟性が硬いから
  • 筋力が弱いから
  • 筋持久力がないから

という次元のお話ではなく、関節感覚を研ぎ澄まして、関節でちゃんと曲げるイメージです。

通常痛みを抱えるタイプの人は、指先だけが頑張ってしまい、力の伝達が上手く使えない状態に陥っているのです。
だから、使い過ぎれば指先を動かす為の筋肉が頑張り摩擦(腱鞘)が過度になり痛みは助長されてしまいます。

予防する為の秘策

腱鞘炎についてこれさえやれば大丈夫!みたいなものは正直存在しません。

何故なら、その人それぞれの身体の使い方を知り、またその方が関わる環境を知る事が重要だからです。

また、僕が一番大切にしている部分で、最も影響を出すのが精神的な部分にもなります。

「もう、私には改善する見込みがない。」と思い込んでいれば、残念ながら身体はその様に応えてしまいます。

では、どうしていくのが必要なのか?

今回は1つだけお伝えします。

それは、【考え方を省みる必要がある】と僕は考えています。
痛めたこと自体は、自分の身体の使い方の問題で起こってしまった。
だからこそ、改善する為に何が必要なのか?
今までの自分とは違う自分を作って解決していくイメージです。
同じ事をすれば、同じ結果になりえます。

今の常識。今の当たり前。

この二つを如何にして変えていくか?
これは何も怪我だけの話ではないのですが、変化する為には何かしらの行動が伴う必要があります。

もし、あなたが慢性的な腰痛や腱鞘炎などに悩んでいるのであれば、一度僕を頼ってみてはいかがでしょうか?

随時相談も受け付けていますので、気軽にLINE登録してくださいね!

LINE友達募集中

BodyDesignProject専用のLINEです。
LINEからの予約も可能ですし、ご相談、お問合せも随時受け付けています。
気軽に登録してください!

友だち追加
The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。