ウォーミングアップの質を圧倒的に変える!【思考と感覚のカラダ講座】

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
アスレティックトレーナー戸川です。

戸川のプロフィールは
コチラ👇
プロフィール紹介

【思考と感覚のカラダ講座】開講してきました。

5日間大学野球部のキャンプ帯同でご迷惑をおかけしました。

今回はキャンプでの取り組みを少しシェアしていきます。

という事で、最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

今回も非常に充実したキャンプとなりました。
監督自身も前年よりもさらに良い感覚のキャンプだったと。

僕自身も毎年関わっていますが、確かに去年とは違う手応えがありました。
ですが、そんなキャンプ、やはり大変!

総勢約130名の選手が集まるので、まず管理体制をしっかりする事が重要です(汗)(僕自身が関わるのは基本投手陣で約40名。)

そんな状況でありながら、監督・コーチ、選手からも喜びの声を頂けた事、また僕自身も奥深い学びが出来た事に感謝いたします。ありがとうございました。

今回選手達に向けた講座、野球の動作・プレイの解釈を身体原理を元にお伝えしました。

  1. 意識とは何か?
  2. 思考と感覚の違いとは?
  3. 自然体とは?
  4. テコの原理をプレイに応用すると?
  5. 決断が先。動かされる身体の強さとは?

5つの項目を座学と実技を交えてお伝えしてきました。

選手時代に投げかけられた言葉や指導に僕自身が疑問に感じていた事を、今でこそ言語化できます。それには理解・分解・再構築していった自負があり、西欧と東洋の発想を持ち合わせた事で実現可能となりました。

選手自身も皆、目から鱗のような状態でした。それもそのはず、僕自身もそうだったので(笑)
身体は変化を感じ取ると喜びます。意識の違いだけで体が軽くなり、足の運びが変わる、そして強くもなる。
野球選手であるならば、尚更大きな喜びになりますね!

監督さんも、今回の講座内容を聞き、早速シートノックで再現してみたそうで、非常に良い感覚を体感したそうです。分からないイメージを分かりやすく言語に落とし込み、その具体性を提供する。そうする事で、選手自身が取り組み、何かしらのヒント、手がかりになればと考えました。

伝えることも大切。ですが、伝えすぎない事も大切。この2点の兼ね合いが本当に難しいですね・・・。選手の発見・成長を後押しするような機会であれば最高の場になりますが、その思考の過程すら消してしまう、「答えはこれです!」というような発想にはしない事を、僕自身はかなり意識しています。

それってどうすれば上手くいくのか?

今の僕の解釈でしかありませんが、非常に難しいと思います。ただ、僕から言えることは非言語コミュニケーションを感じる意識を強めて関わる事を意識します。

相手の表情や仕草、目の輝き、姿勢・・・ここに意識を向けることで観えてくる感じがします。勿論、出来ているとは思っていませんが、それぐらい観る事に集中する事でしか感じ取る事が出来ません。何故ならば、「選手に分かった?」と聞いたところで、強要している感が出てしまいますよね?

だからこそ、今は分からないかもしれない事は伝えます。ただその先の未来は分かるかもしれない可能性を僕は信じています。選手の可能性を信じる事もトレーナーの役目です。


今回このような貴重な機会を頂けたことに本当に感謝でしかありません。
毎回スポーツ現場では学ぶことが多いと思います。
まだまだ、僕自身も磨き上げていく事が必要です。
成功は約束できませんが、成長は約束する。

そんなトレーナーで在りたいと心底思った淡路島キャンプ帯同でした。

【BDPからだ通信】

配信サービス開始しています。

メルマガ【BDPからだ通信】

始めた当初は続くのかな?とも思いましたが続いております。日頃のブログとは違い、少し踏み込んだ内容をお伝えしています。実際にクライアントさんや患者さん、講座生の方々にもシェアしている内容も有れば?僕自身の気付きや感覚、学びをシェアさせて頂いています。

そんな中、第一弾【特典】が完成しました。
※メルマガ登録者限定特典です。

電子レポート【sense】

戸川自身の過去の失敗と変化を綴っています。

  1. 思考と行動の変化
  2. 変わる為のコツ
  3. 抽象と具体の考え
  4. 関係性の構築  等

今の学びと解釈を照らし合わせた、自分の歴史に学びの視点と解釈の視点を調和したレポートになります。全12ページで仕上げてみました。

これを読むことで、あなたの過去の照らし合わせ作業や学びの視点の再確認に役立つかもしれません。また、怪我に苦しんでいる、慢性的に痛みを抱えている方には解釈を変えるヒントになるかもしれません。

戸川自身腰痛に苦しみ、スポーツや治療家としての立ち位置・考え方が大きく変化しました。

そんな要素を詰め込んだ内容【sense】

興味のある方はメルマガ登録してみて下さい!
※いつでも解除できますからご安心を。

メルマガ登録フォームはこちら👇

戸川YouTubeチャンネルは
コチラ👇


The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。