その道のプロから学ぶ

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
アスレティックトレーナー戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
プロフィール紹介

その道のプロから学ぶ発想

先日マスターマインド身体の稽古で大阪に行ってきました。

やはり創始者山崎さんの身体感覚。凄いとしか言いようがない・・・圧倒的な感覚の差を感じてきました。そうそう簡単に行くわけないね(苦笑)

僕の場合は専門的な知識を持って活動していますが、その専門的知識にも疑問を持つようにしています。(常識を破壊する発想)


では、今から2つ質問します!

少し考えてみて下さいね?

  1. 1人目。Aさん。
    しっかりとした知識を持って色んな用語を覚えて、骨や筋肉が何処にあるのか?頭の中に暗記している。考える・覚えるのが得意なAさん。
  2. 2人目。Bさん。知識はあまりないのですが、身体の感覚が鋭く、地に足のついた感覚や呼吸の入りやすさを感じ取れて、自分の身体の緊張を知っています。考えない・感じるのが得意なBさん。

あなたはどちらの人が上手く身体が動きそうだな?と思われましたか?

1と思われたあなた!大丈夫です、過去の僕がこのような状態でした。

2と思われたあなた!感性が鋭いです。知識は後からでも増やせます。身体の感覚は感じない限り忘れ去られて行きます。


実際、脳で考えたイメージの通りに身体は動いていません。トップアスリートでも難しいとされています。武道の達人でさえ未だに研究・探求しているわけです。

実際の動きと、自分のイメージのズレ。このズレを修正する為の稽古を学び体感しに行っているわけです。

1つの基準という手掛かりをヒントにする

身体の稽古を受けた事によって色んな気づきを頂いています。

例えば、僕の場合、トレーニングをする中、身体に掛かっている感覚にズレや意識の抜けが起きていないか?を観察しながら行っています。そうする事で、見えていなかった部分に気づかされることがあるんですよね。

筋トレで言えば、もも前の筋肉を大きくしたいのであれば、もも前の筋肉以外の緊張が邪魔になるわけです。もも前だけに如何にしてストレスを加えるかを意識的に感じるわけです。その為には他の筋肉にも加わってしまうストレスを最小限に抑えるかがカギになるわけです。
※一つの筋肉を鍛えたいからこそ、他の筋肉への視点が必要になります。

力の伝達・連動で言えば、脚から生まれた力を手先まで伝える為の力の通り道を観察して感じる必要があるわけです。その時にある部分で、その感じが切れてしまう場合は力が伝わりにくいし、逆に自分の身体に跳ね返ってしまう。
※エネルギーや力の方向が変わってしまう事に気づかされます。

方法論には注意

方法を知ることは大切だと思います。ただ、そこに執着はしない発想が必要です。

方法に固執するのではなく、その方法を行う中で、自分の身体に観察をする視点を付け足してあげる。そうする事で、今までの方法が違う解釈・発想に置き換わります。

僕が例に良く出す、スクワット。

わざわざ踏ん張って行うスクワットと、踏ん張らない感覚で行うスクワット。
※両極の中で気づける事があります。

こういう違いに気が付ける視点。これが恐らくセンスと言われるものじゃないかな?と僕なりに解釈しています。

その道のプロの方々は感性が鋭く、その感性を磨くために様々なチャレンジをしているのではないかな?と思います。

あなたの未来の感性が賢幸でありますように!

追伸

【BDPからだ通信】

配信サービス開始しています。

メルマガ【BDPからだ通信】

日頃のブログとは違い、少し踏み込んだ内容をお伝えしています。

実際にクライアントさんや患者さん、講座生の方々にもシェアしている内容になります。

そんな中、第一弾【特典】が完成しました。
※メルマガ登録者限定特典です。

電子レポート【sense】

戸川自身の過去の失敗と変化を綴っています。

  1. 思考と行動の変化
  2. 変わる為のコツ
  3. 抽象と具体の考え
  4. 関係性の構築  等

今の学びと解釈を照らし合わせた、

自分の歴史に学びの視点と解釈の視点を調和したレポートになります。

全12ページで仕上げてみました。

これを読むことで、あなたの過去の照らし合わせ作業や学びの視点の再確認に役立つかもしれません。

また、怪我に苦しんでいる、慢性的に痛みを抱えている方には解釈を変えるヒントになるかもしれません。

戸川自身腰痛に苦しみ、スポーツや治療家としての立ち位置・考え方が大きく変化しました。

そんな要素を詰め込んだ内容【sense】

興味のある方登録してみて下さい。

メルマガ登録フォームはこちら👇

思考が身体を弱くする?

【感じる】と【思考】の比較検証です。

興味のある方ご覧ください。

戸川YouTubeチャンネル
こちら👇

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。