スポーツ現場サポートは学びが満載です。

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら
https://body-design-project.com/profile/

スポーツ現場は学ぶ要素が満載

本日愛知県一宮市木曽川体育館で

HSPソフトバレーオープンのサポートに参加しました。

今回選手達のケア、救急処置、超音波画像観察、テーピング予防、パフォーマンス相談等など

選手との関わりも勉強になりましたし、代表、スタッフの振る舞いや意識も見ることができかなりの収穫を得ました。

過去の自分では気づけない視点と盲点が、今となっては見えてきています。


例えば?

代表(戸川の師)が、選手たちに説明しているときの姿勢や表情、言葉の選び方やトーン。
※勿論、内容も非常に役立つ視点で提供しています。

想像をどう膨らませて、その瞬間瞬間で選手と【どうやって関わるのか?】深いところまで察する能力があれば?人は真剣に話を聞きます。
※現場サポートはガチンコ勝負です。

かと言って?新しいスタッフが選手たちと関わるとき?はどうだったのか?

スタッフは自分に意識が向いているため、選手の方々が話を聞いていないし、関係が弱い感覚がしました。


戸川自身も関わった選手の悩み相談を受けました。
※指の骨折後のリハビリができていない状態。

以前のケガと現状の問題、感覚の不一致、問題解決方法が見つけられていない。

自身の身体への気配り・配慮が足りていない状況を目の当たりにしました。

自然治癒力の発露

今回現場サポートに入り、選手達が抱える悩みに対しての意識の弱さ、また本来の自然治癒力が発露していない状況を感じる場面が多々ありました。

  • 自身の身体を治す為の決断が乏しいこと
  • 他力本願が強すぎること
  • 自力の方向性が難しい方向(不自然)に向かっていること
  • 意識(感覚)が発露していないこと

過去の戸川では気づけていなかった盲点に沢山気づけた現場サポートになりました。

すぐに動かしやすい状況やテーピングによるサポート、運動感覚の活性である程度は結果は出せます。

でも、そこは本質的な改善に向かっていないし、同じことの繰り返しになることが見えています。

如何にして自身の身体に気づき、そこと向き合う姿勢が必要か?

そんなことを学ばせていただいた現場サポートとなりました。

あなたは、スポーツなどでケガをたくさんした経験がありますか?

ちょっとした意識の向け方で、そのケガを未然に防ぐ事ができるかもしれませんよ?

あなたの未来が賢幸でありますように!

【Body Design Project からだ通信】

追伸

戸川メルマガ配信開始いたします。

名付けて

【BodyDesignProjectからだ通信】

略して

【BDPからだ通信】

不慣れではありますが、ブログの内容とはまた違う視点で、面白おかしく配信できたらと思います。

気づきを大切に、メルマガ読者さんのご意見も頂戴して、楽しい企画を準備していきたいと感じています。

勿論!YouTube以外の動画も配信を考えています。
(メルマガ読者限定動画)

特典企画も??????????

イベント開催などやZoomシェア会、情報発信をリアルタイムに受け取る事ができる【BDPからだ通信】。

興味のある方は登録お願いします!

メルマガ登録フォームはこちら👇

アキレス腱断裂予防のふくらはぎストレッチを考える

今回は通常のふくらはぎストレッチの質を変えていきます。

教室でも提供している内容となります。

最初は【感じる】が難しいかもしれませんが、是非チャレンジしてみてください。

戸川YouTubeチャンネル
こちら👇

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。