やっぱり過酷でしたスパルタンレース

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら
https://body-design-project.com/profile/

過酷なレース スパルタン ビースト

今回のスパルタンレースは初前日入り!

と思いきや家族総出の旅行とレースの合体版となりました。(笑)

新潟湯沢までの道のりは長く、前回の千葉、前々回の群馬の水上よりも遠く感じました。

今回はお世話になっているJARTAメンバーのトレーナーと参加。戸川より動ける猛者です。
※いつも一人で参加していた分、励みになりました。

スタート前から始まるスパルタンは?

トイレ渋滞・・・前に並んでる人も言ってました。
※トイレの数、今回少ない(汗)

「こっから、いつもスパルタンだよね。」激しく共感!

9時15分スタート。沢山の猛者が集って30個の障害と20Kmのトレイルコースをクリアしていくスパルタンレースビースト。
※ビーストは日本初開催。

今回は、とにかく暑かった(汗)35度近くあったのかな?
かなり自分も参りました・・・

スタートから急勾配を昇昇昇・・・ここだけで1時間以上を要しました。そしてスタートして1時間にも関わらず、まだ障害にたどり着く前段階で、熱中症や足の釣りでリタイア者も続出。


頂上見えてこない(笑)

どんだけ登るんじゃ?

綺麗な景色、自然の雄大さと自身のちっぽけさを内観させて頂きました。

登り切れば、下りが来る。

そんな感じで、午前中は何とか乗り越えるも、障害でミスして・・・バーピー炸裂。
※今回の収穫は、スピアスロー成功!(やり投げで的に当てる障害)

こっから自身の脚とメンタルがやられて行きます。

スキーの経験者の方なら理解できると思いますが、ゴンドラやリフトの偉大さを痛感してきました。

登っては降りる、登っては降りる、それも急勾配で走る事すら危険で出来ない、そして足へのダメージ凄まじい事に・・・


今回はまさに準備不足で望んだ結果をちゃんと体感してきました。

トレーニングの不足に水不足、追い打ちは、エネルギーの枯渇。正直足が痛いというより、お腹が空いて力が出ない、のどか渇いて可笑しくなる・・・
※炭酸飲料が欲しくてたまらない状況でした(笑)

準備が不足すれば、ゴールまでの時間はかかり、何かに引掛り躓く(障害)、でも諦めなければゴールにたどり着く。

一歩が小さくても、立ち止まっても前に進む気持ち。ゴールだけの意識は切らさない。
※途中でのエイドステーションで「お水はお一人2杯までです。と言われた時のショック感!」内観してきました。

ただそれだけを考えて・・・

何とかゴール!

まさかの所要時間8時間(遅ッ!)

ゴールしてから食べた焼きそばと、たこ焼きの美味しさは、格別でした。
※頭の中は食べたいで一杯でした(笑)

家族と夕方6時に合流・・・そして最後のスパルタンレース!

帰宅は次の日の朝5時着でした(苦笑)
※途中で妻に運転を変わってもらい、仮眠して何とか自宅にゴール!

最後までスパルタンでしたが、食べ物の有難み、水の大切さ、自然のエネルギーを存分に味わい、そして自動車の凄さを体感。
※車の無い時代は半端ないですね。

色んなことを内観できた貴重な体験でした。

あなたも興味があればスパルタンレースに参加してみては?

戸川はスパルタンレース、3つのカテゴリーを全て参加して完走?体感?してきました。
※スプリント、スーパー、ビースト

体感してこそ、見える・感じる世界があります。

あなたのチャレンジ応援します。

あなたの未来が賢幸でありますように!

 

 

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。