現状維持は衰退?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

現状維持は衰退?どういう事ですか?

ここ数カ月戸川はある葛藤をずっとしていました。

自己対話の中で2人の自分と戦っていたわけです。


①「やりたい気持ちを何か言いわけ付けて抑え込む自分。」

②「やりたい気持ちを前面に出して見えない未来に進みたい自分。」


①に関しては現状に留まろうとしているホメオスタシス。
※恒常性ないしはホメオスタシスとは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向。(ネットより一部引用)

②は自身のコンフォートゾーンを抜け出す自分。
※科学的な説明では、コンフォートゾーンは「不安レベル」と関連しているといわれています。不安にならない行動範囲が、その人のコンフォートゾーンです。(ネットより一部引用)

自分自身に嘘をついてはいけない。

最終的に自身は②を選択しました。

9月より新たに始まる

賢幸生体養成講座

そして

賢芯塾

心の底から、今の技術、知恵、解釈を伝えたい。

そう、動かされた感情に乗っかる。

全てを出し尽くす。その為には、また学びを加速させないとまずいわけです。
※学びのブレーキは要らない。

新たな学びへの挑戦と、新たに自身の提供する講座への挑戦。
※沢山の失敗を経験します!

自分は現状に留まらない事を決断しました。

あなたも心の動きを感じてみてはいかがでしょうか?

そうする事で自身の【やりたい!】に気づけるかもしれませんよ?

あなたの未来が賢幸でありますように!

戸川のYouTubeチャンネルはこちら👇

 

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。