自分を知り他者を知る視点。スポーツで非常に重要なことを気づかせて頂きました。

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

6日間の大学野球部遠征帯同で様々な関わりの中で気づかせて頂きました。
教室の方、クライアントさんにはご迷惑をおかけしました。(汗)

野球における他者を知り己を知るとは?

スポーツ(今回は野球)における姿勢。勿論構えとかパワーポジションとかありますが、そんな具体的な事ではない事を今回はシェア致します。

プレイ一つ一つが見られている(繋がっている)という事を考えてみます。

  • ピッチャーが投球時に良い玉が投げられない時の自分に意識が向いている時。
  • 外野フライが上がって落下地点に早く入れずもたついている時。
  • 投手が自滅していく時のベンチや守備の雰囲気を観た時。
  • ヒッティングして全力で走らなく簡単にアウトになった時。

等々、挙げだすと限りなくあるのでこんな感じで留めておきます。

様々なプレイを観た時の選手の心の動きを感じるワークを今回遠征中に選手に課しました。

野球を観る視点を上げる感性ワーク(抽象度を上げる)

具体的なプレイを観るのではなく大きくとらえて観る視点を養います。

勿論個人の感性によって見える視点が違うのがこのワークの面白い所。

  • どう見えてるか?
  • 見えた事を言葉にすると?
  • どう感じたか?
  • 感じた事を言葉にすると?

上記のワークを選手同士でシェアする感じのワークを行ってきました。

面白い事に、選手達も・・・

  • こんな視点で試合を見てなかった自分に気づけました。
  • 試合勘(感)が大切ってこういう事だったんですね。
  • 守備一つ(エラー、ファインプレイ)でこんな感覚になるんですね。
  • 投手と捕手の関係性って無茶苦茶試合に関与するんですね。
  • 連携が出来ていない意味に気づけました。(選手間の関わり方)

等々選手個人の視点をシェアする事で課題が見えてきたり、違う観点が見えてきます。

感覚の良い人は気づいたと思います。今回行ったワークは、実は内観する事を野球に置き換えただけです。

実際に私自身も野球をしていました。でも選手時代にこんな感覚はなかったですし、言語化すらしていませんでした(苦笑)

でも、身体を通して感じるワーク内観を手に入れて、五感を発露させることで気づけなかった部分が浮き彫りになってきました。

内観する事で様々な視点が増える事を痛感させられた遠征帯同。

本当に学び多き6日間でした。

あなたもちょっとした心の動きを感じ取ってみてはいかがでしょうか?

あなたの未来が賢幸でありますように!

追伸

YouTubeチャンネル公開しています。

身体の身体操作を上げて身体の偏差値をあげていきましょう。

興味のある方は
こちら👇

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。