【好き】か【嫌い】しかない!でも脳ミソがややこしくしている。

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

あなたは○○が好きですか?嫌いですか?それとも?

  • 戸川は筋トレが好きです。
  • 戸川はランニングが好きです。
  • 戸川は本が好きです。
  • 戸川は音楽が好きです。

という感じで大まかに好きを抽出。

そこから具体に持って行くと?

  • 戸川は筋トレのベンチプレスが好きです。
  • 戸川はランニング最中の内観が好きです。
  • 戸川は音楽の中で洋楽を好んでいます。

抽象から具体に持って行く視点。これが普通の考えですが・・・

人の脳にはややこしいのがあります

(例)

  • Aと比較してBの方が好きです。
  • Aも好きだけどBの方がもっと好き。
  • Aが大好きでBは大っ嫌い。

これ実は余計な視点発想だと思います。(戸川も後から知りました。言わなければ良いんですけどね。)

例に出したように中には、Aが好きでたまらない人も居ますし、Bが好きって人も居ますよね?自分に意識が向いていてAやBをそれぞれ好んでいる人達の存在を蔑ろにしている意見になってしまいます。(ある意味、盲点になります。)

脳ミソがややこしくしている

好きなものが沢山あっていいし、嫌いなものもあっていい。

そもそもそこで比較が入ってしまうから良く分からんことが起こるわけです。
(※複雑にしているのは自分自身)

接骨院でもありました。

あのA先生が良いけど、あのB先生はダメ。

自分の意見を尊重しすぎてしまい、周りへの意識と配慮が足りない【いわゆる求心性の意識】というやつですね。

【知る】と【知らない】の違い

今回の好き嫌いの視点。私自身も知らなかった事であり、その世界を知り、内観する事で更にその意味を理解できるようになりました。

前回お伝えしたブログ記事でも「センス」についてお伝えしました。
センスの記事はこちら👇
https://body-design-project.com/health/2850/

後天的に養えるものがある。その世界を知る。

色んな情報が乱立している社会です。

今一度立ち止まり自分を感じる。感性を鍛える感覚が今後必要になってくるとヒシヒシと感じています。

あなたも今一度ややこしい脳をリセットして、単純な脳を再構築していきましょう!

あなたの未来が賢幸でありますように!

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。