背骨を捉えたからこそ!挑戦できたスクワット。

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

背骨を捉えたからこそ!何とかなった大会

5月12日(日)第45回パワーリフティング東海選手権大会に出場してきました。

今回は想像以上に水抜きに苦戦し、練習の不足もあったのですが何とか記録を残せた大会になりました。

結果 83Kg級

スクワット
190Kg 成功
200Kg 成功
210Kg 失敗(挙上時にシャフトが下がった?)

ベンチプレス
130Kg 成功
135Kg 成功
140Kg 失敗

デッドリフト
190Kg 成功
200Kg 成功
210Kg 失敗

トータル 535Kg
※最低ラインとしてジャパンクラシックの標準記録は突破。

今回の大会で意識的に行った検証作業

  • 背骨ワーク
  • 足指ワーク
  • 中心感覚ワーク

水抜きしてから身体が重く感じていたので上記のワークをかなり行って望みました。

正直スクワット210Kg(今回は練習でもっていない重さ)は潰れる覚悟だったのですが、かなり背骨の感覚を捉えていたので潰れずに済んだ感じです。
※ある意味今回の検証は成功だったと感じました。

大会動画はこちら👇
https://youtu.be/3oJjZSLdQjM

午後は審判

審判に必要な事は何かに意識を向けて望みました

実は不慣れな審判が一番緊張します。
※曖昧なジャッジをすると怒られるんです!それだけ重要な事を審判には託されています。

チームの応援もしないとまずいのですが、今回は陪審員(審判のお偉いさん)の後ろで競技観察させて頂きました。

陪審員の方々の各個人の競技試技評価に耳を傾け

何が成功試技で何が失敗試技か?

実はこんな事を盗み聞きしていました(苦笑)

ある陪審員の方とお話する機会があり有難いお言葉を頂戴しました。

  • 場数を踏む
  • 堂々と振る舞う
  • メリハリをつける

何事も変わりなく大事な事ですね(苦笑)

 

最後はデッドリフトの主審。

今回は見方を変えました。
※前回の反省を踏まえて。

いわゆる目の使い方です。

開散という視野を広くする使い方で全ての選手を見させて頂きました。

部分を見過ぎてしまう(凝視)と他に気づけない。

成功なのか?

失敗なのか?

選手はギリギリの所で勝負してきます。

それに見合うだけの眼を養う。

非常に審判という世界は厳しく、意識する要素が多大にあると再認識させて頂きました。

追伸

パワーリフティングに興味のある方はお問い合わせください。

パワーリフティング教室体験も5月は無料で出来ます。
あなたの限界突破を全力サポートさせて頂きます!

 

 

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。