今を変える必要があるのでしょうか?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィール
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

今を変える必要があるのでしょうか?

今年度は部落の班長になりました。
※都会に住んでいる方、マンションに住んでいる方は理解に苦しむと思います。

いわゆる地域の行事を区長さん始め、各班長と共に行事を取り仕切る役です。回覧板や配布物も班長の仕事。

先日は先祖供養の一大行事。

無事に終わり、夜は懇親会でした。

懇親会のメンバーでは自分が一番下っ端(年齢が一番下)です。

70代の方々から様々な方が見えます。

そんな環境でしたが・・・自分が意識した事。


「アウェイ感をなくす。」


戸川がリスペクトする、ある方から頂いたアドバイス。

速攻実践してみました。

 

以前の自分では考えられないです・・・(苦笑)

仕事じゃないし・・・みたいな感覚で以前は関わっていたと思います。

今回は自分から発言し自分はここに居ます。
(意識に対して動かされる身体と振る舞い、言葉・・・)

どうぞお好きに利用してください。存在感を示す。

全力で出来ることは、やらせて頂きます的な感覚で関わりました。

そうすると質問が飛んできますね(笑)

会の後半は健康講座みたいになっちゃいました。(汗)

 

今を変える。
※なんだか大袈裟に聞こえますね。

でも、懇親会の時、自分が意識した事は誰かに伝わるものだと感じました。

恐らく顔や雰囲気、態度、立ち振る舞いが変わるのでしょうね。

 

今を変える必要があるのでしょうか?は新たな発見と気づきをくれる。

 

今という瞬間に自分の何を変えるか?であると感じました。

何もないであれば存在もない、無気力ににています。

自分という個体。

その個体で最大限使えるものは何か?

今の自分を全力で出す感覚。

そうする事で、相乗効果が生まれる事を体験した貴重な一日でした。

是非、あなたも今の意識を変える体験をしてみては?

追伸

ゴールデンウィークは変則営業となります。
予約も残り2枠のみとなりました。

予約状況はこちら👇
GWお知らせ

パーソナルレッスンに整体、興味のある方はお問い合わせください。

 

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。