分かりやすい説明って、どんなことなのでしょうか?

稲沢市祖父江町の
BodyDesignProjectの
戸川です。

戸川のプロフィールは
こちら👇
https://body-design-project.com/profile/

 

あなたの○○の説明、分かりやすいですか?

コミュニケーションの中で、こんな経験ありませんか?

  • あなたの言っている事が分からない。
  • 分かりにくいから、もういいです。
  • 相手が興味を示さない感じがする。
  • 完全に相手の顔が引きつってる。

ひょっとして大事なことを見逃しているかもしれませんよ⁉

戸川の一つの課題でもある

「分かりやすい説明」

人はコミュニケーションを用いて、その事柄、物、今、物語等を説明しています。

対ヒトと考えた時、

  • その人がどんな環境で育ったのか?
  • 専門は何か?
  • 年齢は?等、

挙げだすときりがないのですが・・・

状況と場面でコミュニケーションの仕方を変える必要があるという事です。

要は日本語で伝えるのであれば、相手は全て「ひらがな」で音を読み取るという事。

いぬ = 犬

に頭の中で変換している訳ですよね。

 

私自身、「専門用語を使うな!」と、よく指摘されました。

 

どういうことか?と言うと・・・

(例)

だいたいしとうきん = 大腿四頭筋

ブログは文字で理解できますが、対ヒトで説明する場合を考えると?


「あなたのもんだいはだいたいしとうきんがかたまっていることでこつばんが・・・・」


 

文字に起こしても分かりにくいし、文字数多い(苦笑)

 


「あなたの問題は大腿四頭筋が硬まっている事で骨盤が・・・」


 

変換するとこんな感じですが、変換の仕方を間違えることもあるわけですよね?

そうすると、次に繋がる言葉を言ったとしても、変換が追い付かず・・・・

「聞けなかった」

結果!

「何言ってるか分からない」になるわけです。

以前お世話になった、スピーチセミナーでご指摘を受けた事を思い出します。

 

「ひらがなで伝える能力。」

 

まだまだ未熟ですね(苦笑)

あなたは、人とコミュニケーションをとる時、何に意識していますか?

 

「伝えると」、「伝わる」の違いはここにあるかもしれないですね。

追伸

身体の痛み、不安を抱えている方、お問い合わせください。
あなたの身体の悩み、問題に対して解決策があればメールにて対応可能であればアドバイスさせて頂きます。

 

The following two tabs change content below.

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。