第43回東海パワーリフティング選手権大会in多気町

平成29年5月21日(日)

三重県多気町にて

第43回東海パワーリフティング選手権大会が行われました。

われらCure-Careチームから、

女性5名 男性2名 計7名の選手が参加しました。

BodyDesignProjectスタッフは、女性1名 男性2名

それぞれの、目標を定め、果敢に挑戦しました。

今回、石川は、マスターズ1クラス 59kg級にて出場

2月に開催された、クラッシックジャパンパワーリフティング選手権大会に

引き続き、減量しての出場でした。クラッシックの時は

体重がなかなか減らず苦労しましたが、

今回は、その反省も踏まえ減量期間を長くとり

準備をした結果、体重を落としすぎ?力が出なく

減量は思った以上に楽でしたが…記録が伸びず”(-“”-)”

コンディションニングとピーキングの難しさを

改めて、思い知らされました。

選手とて、5年目を迎え、減量も二けた回数行ってきましたが、

その都度、新しい発見があります。

9月のマスターズの全国大会にも出場したいのですが、

子どもの運動会となんとブッキング!勿論家族思いの私は

運動会を選び…雨で延期になったらエントリーしておいて

出場を目指そうかな?なんて考えもせず。

ただ、年に春・秋の大会に加え、9月のマスターズと2月のクラッシックジャパンの

4大会に出場しようとすると、日々のトレーニングと減量があわただしく

記録が伸びていかないので、

ここは、どの大会にピークを持っていくのか?

どれくらいの記録を狙っていくのか?を見定めて

今後の、予定を立てたいと思います。

…気持ちとしては、全部の大会出たいのですが…

結果報告は、

石川 マスターズ1クラス 59kg級 優勝!

選手5年目にして初の金メダルでした。

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。