お詫びと訂正

稲沢市祖父江町の

ボディデザインプルジェクトの石川です。

今年1年、パワーリフティング選手権を中心とした年にしていくと宣言しておりまさいた。

2月のジャパンクラッシックパワーリフティング選手権大会

5月東海選手権

9月ジャパンクラッシックマスターズパワーリフティング選手権大会

11月愛知県大会の全部の大会に参加して

それぞれに記録更新を目指して、

日々のトレーニングプログラムを作っていく予定でしたが…

なんと、一番力を入れるつもりだった9月マスターズの日程と

子どもの運動会の日程が重なってしまいました。

日頃、家のことはほったらかし?の父親ですので、

1年の行事の運動会は参加するようにと言われております。

日々のトレーニングや大会に参加できるのも家族の理解があってこそ…

ということで、

今年のマスターズで、一緒に大会に参加を約束した方、

大会でお会いできることを楽しみにしていた選手へにたいして

お詫びと、大会に参加します!と宣言したことを訂正します。

今年のマスターズ大会は、石川不参加です。

すごく、残念ですが、

まだまだ、一般でチャレンジしなさいということだと思って

記録をドンドン伸ばしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。