飛騨高山ウルトラマラソン2016.6.12 71kmに向けて!


飛騨高山ウルトラマラソン2016.6.12 71kmに向けて!

飛騨高山ウルトラマラソン2016.6.12 71kmに向けて!
 
BodyDesignProjectの石川です。
 
Keep active !
 
が、うちの会社の基本姿勢だそうです。
 
今年もあとわずか、
今年の反省も踏まえ、来年の目標?ノルマ?罰ゲーム?
いえいえ、
 
新しいチャレンジ!ってことで、
フルマラソン1回完走者の無謀?な挑戦‼
 
飛騨高山ウルトラマラソン71kmまでの
トレーニングをこれから報告していきたいと思います。
ちなみに
今回、6名の猛者?無謀者がウルトラマラソンに参加します。
1名が100km
残り5名が71kmに挑戦!
無事に帰ってこれるのか?
楽しみですね…
 
まず何をするか?
6月まで約6カ月むやみにhardworkしても身体を壊しては意味がありません。
BodyDesignProjectですから、
ゴールに向けて、ボディと認知をデザインしていきます。
…ウルトラマラソンに参加すること自体体壊すんじゃ…という
もっともなご意見が聞こえてきそうですが、
71km長いです。
フルマラソンより30kmも長いです。
距離の長さへの不安と時間も長いという不安が
2大不安…身体が持つのかという不安は常にありますが、
補給食・タイツ・服装・装備といったものは、ボチボチ用意していくとして
まず、靴!
シューズ‼‼
今はいている靴は、気に入っていますが、
20kmぐらいから足の甲の部分の締め付けがきつくなります。
ハーフマラソンでも、途中で一度緩めます。
(最初にきつく締め過ぎなのかな?)
重さは、軽めの方でクッション重視ではないです。
 
そこで、ウルトラマラソンでは、クッション重視のシューズを
ショップに見に行きました…比べると結構重い…
(石川の走力は、ハーフマラソン2時間15分、フルマラソン5時間40分とランニングを語るには、寂しい記録でございます…それ走ってないじゃん!って言われそうですが、その通りフルマラソンでは、25kmで両脚「つって」有痛性不随筋収縮により残りの距離は歩きと気が向いたらジョギングを繰り返し、脚の痛みと戦いつつゴールでした。)
 
で、話を元に戻して
シューズをクッション重視で、足尖部の広いものを
購入しようと企んでいる所です。
(そうです、まだ買ってないのです。)
購入しようとしているモデルは、
アシックスの
GEL-KAYANO SW
GT-2000NEW YORK4-SW
GEL-NIMBUS SW
で迷ってます。
 
購入したらまた報告しますね。
勿論、
練習内容も公開していきます。(公開していないときはまだ、練習していない?)
 
BodyDesignProjectの石川でした。

The following two tabs change content below.
戸川 俊輔

戸川 俊輔

BodyDesignProject 院長株式会社Cure-Care 
高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。
高校野球時代、腰を痛め医者から「今のままやり続ければ歩けなくなる」と言われるほどの大きな怪我を負いながら、野球に学生時代を捧げる。その後も度重なる激痛に悩まされ、急性腰痛を20回以上経験。 その後、自分の苦しんだ「痛み」を抱える人の役に立ちたいと想い治療家を目指す。 知識と技術を高めるうちに『腰痛の根本的解決を運動で解決出来るのではないか?』と考え、自身の身体で実践したところ、腰痛を克服。 現在はフルマラソン完走・パワーリフティングが出来るまでに。 その経験をメソッド化し、2017年運動療法と治療を同時に行うBodyDesignProjectを地元稲沢市祖父江町に開業。 なかなか改善しない「痛み」を抱えるクライアントに根本解決、予防医療に特化したサービスを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

戸川 俊輔

高校野球時代に腰を痛め、急性腰痛を20回以上経験。 自らの腰痛を『運動で根本的解決』することに成功し、その理論をメソッド化。無重力ボディメンテナンスを発案し、西洋と東洋の発想を融合した運動指導と整体を得意とする。 無重力ボディデザイナーとして、治療家の視点・トレーナー視点を融合し急性痛を含め、慢性痛のクライアントに対し、根本解決、身体原理、予防医療、健康アドバイザー、日常生活、就労動作、スポーツパフォーマンス向上に特化したサービスを提供している。 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、NSCA C.S.C.S、JATI-ATI等のスポーツトレーナー資格を多種保持。